• HOME >>
  • 女性のFAGAも最近は広まりつつある

女性のFAGAも最近は広まりつつある

今までは、女性のFAGAは、女性ホルモンの影響で中年期を越した方の話であったのですが、近頃は20代の女性がFAGAになることも出てきています。

偏った食事をしないのは言うまでもありませんが、生活習慣とか洗髪の方法の改善を心掛け、FAGAの防止や進行を遅らせるようにすればいいですね。

BUBKAという自毛の発毛剤への評判は、愛用していたら頭皮が柔らかくなってきつつあるのを実感できた、周囲の方たちから指摘されるほど髪の具合が良くなったなど、良い口コミが多くあるのです。髪が生えてきた、抜け毛が減ったという喜びの声も聞かれますが、効果が出始めるまでには、早くて一ヶ月以上、平均すると三ヶ月程度の期間がかかるようです。

パーマの影響で抜け毛がひどくなったという人を見かけます。

実際にパーマ後に落ちた毛髪が何かというと毛が抜けたのではなく切れたためです。

パーマなど髪への化学的な操作を度々行うとダメージが髪に蓄積してすぐに切れるようになるのです。髪とタバコとの関係については、喫煙により身体的メリットは全くありません。毛髪について、タバコに含まれるニコチンが血の巡りを悪化させ、それが頭部にも波及するため、毛が抜けやすくなります。

また、毛の質にも影響がでて、抜けてしまいやすい髪の毛ができるのです。

薄毛対策にいいと判断して、頭皮汚れが気になりすぎて洗髪を1日に何回もする人も見かけます。

これは逆効果なので注意です。髪を洗いすぎると頭皮が乾燥します。

結果、皮脂の大量分泌につながることがあり得ます。

大部分の方は1回、夜に洗うだけにしておきましょう。

発毛にとってお酒は害となると思われがちです。

「酒は百薬の長」との言葉の通り、適量であるならば、OKです。

しかし、度を越えれば髪には良くありません。たんぱく質が髪の主成分であり、アミノ酸が原料と言えます。

だからお酒を飲むことで分解のための酵素としてアミノ酸が消費されてしまうことになります。毛髪が抜けてしまうのは人により原因は一つではないため抜け毛が顕著になったら原因を判断して、適した改善手段を行うことが重要です。大半のケースで見られるのが、頭皮がよくない状況が発生しているケースです。

例えば、フケや皮脂で頭皮が不潔であればかゆみの原因になりますし、逆に乾燥気味な頭皮であるために頭皮保護ができなくなることもあります。


PAGE TOP

Copyright (C) 2014 植毛増毛@費用トータルペダネル All Rights Reserved.